ビリヤード初心者の方へオススメは下記教材
↓↓↓↓↓


ビリヤード 奥村流 驚異のビリヤード上達法公式サイトはこちら



ビリヤード中級及び上級者の方へオススメは下記教材
↓↓↓↓↓
【有田式】ビリヤードの真実〜キューが真っ直ぐ出ないでコジル癖を直す方法〜

ビリヤード上達のコツ



ビリヤード上達のコツを知り、行動することで上達は期待できます。が、無料の情報ではいずれ壁にぶち当たります。

その壁を超えるのは、やはり、プロのアドバイスです。ビリヤード上達の教材を購入し、素直に行動することであなたのビリヤード人生は変わること間違いありません。


ビリヤードの上達のコツを下記に記します。

ビリヤードで最も大切なことは
基本のフォールを徹底的に身に着けること。

姿勢を正しくし、構え、
キューを持ち、球のまず真ん中より少し下を撞く。
この練習を繰り返し行うことで、球を安定的に撞く事ができるようになります。

これらの動作を繰り返し、練習することで
正しいフォームは身につきます。

キューが正しく持つことができれば
安定して、思い通りに撞きたいところを撞くことができる。

まっすぐ転がしたり、逆回転を掛けるようについたり、
左にカーブさせたり、右に曲がるようにしたりと
自由自在に球を狙い所に運ぶことができるようになる。

クッションをうまく利用することで
難しいシチュエーションの時でも楽に対応ができるのです。

後は、球を撞くときの力の入れようだったりを
検証していけば、思い通りのコースを描かせることができるのです。

基本的なことが身につけば、
次はより高度な技を少しずつ身に着けていけばいいのです。

基本中の基本とは
フォームを体得すること。

それと並行にビリヤードのルールを完璧に頭に叩き込むこと。

そして、フォローショット、ドローショットブレイクショット
バンクショット、コンビネーションショット
ジャンプショット、マッセショット
キスショット、キャノンショットなどを体得すること。

技術が身についてきたら、次は試合に勝てる方法を知ること。

試合が始まる前に、あなた独自のルーティンを決めて行うと落ち着きます。
落ち着くことで、試合に安心して臨むことができます。


独学で上記のことを身に着けるもいいですが、
膨大な時間がかかります。






ビリヤード 奥村流 驚異のビリヤード上達法公式サイトはこちら



ビリヤード中級及び上級者の方へオススメは下記教材


↓↓↓↓↓


【有田式】ビリヤードの真実〜キューが真っ直ぐ出ないでコジル癖を直す方法〜

このサイトには、下記のコンテンツを掲載しています。

フォームの基本ビリヤードの練習方法とはキューの握り方キューの選び方ジャンプショットのコツコンビネーションショットのコツバンクショットのコツブレイクショットのコツドローショットのコツフォローショットのコツマッセショットのコツキスショットのコツキャノンショットのコツビリヤードの大会に参加するビリヤードで相手に勝つにはビリヤードのルール知っておこうビリヤードのファウルについてビリヤード教室の探し方はビリヤードの理論はビリヤード初心者がうまくなるにはビリヤード正しいストロークとはビリヤードのテクニックの種類とはビリヤードのテクニックを身に着けるビリヤードエイトボールのルールとはビリヤードナインボールのルールはビリヤード四つ球のルールはビリヤードの雑誌でおすすめはビリヤードの大会の種類は

フォームの基本
練習方法
キューの握り方
キューの選び方
ジャンプショットのコツ
コンビネーションショットのコツ
バンクショットのコツ
ブレイクショットのコツ
ドローショットのコツ
フォローショットのコツ
マッセショットのコツ
キスショットのコツ
キャノンショットのコツ
腕試し
相手に勝つ方法
ルール
ファウル
教室の探し方
ビリヤードの理論は
ビリヤード初心者がうまくなるには
ビリヤード正しいストロークとは
ビリヤードのテクニックの種類とは
ビリヤードのテクニックを身に着ける
ビリヤードエイトボールのルールとは
ビリヤードナインボールのルールは
ビリヤード四つ球のルールは
ビリヤードの雑誌でおすすめは
ビリヤードの大会の種類は

運営者情報

【運営者情報】
当サイトはリンクフリーですが、次にあげるような内容のサイトはお断りします。
・アダルト関連の記事を扱うサイト
・誹謗中傷を主としたサイト
・著作権侵害の恐れがあるサイト

プライバシーポリシー

当サイトは、サイト内の広告利用状況の集計のために、クッキー、ウェブ・ビーコンといった汎用技術を用いています。
取得したホスト情報などは広告利用状況の集計にのみ利用することをお約束いたします。

RSSリーダーに追加

iGoogleに追加

My Yahoo!に追加

QRコード