野球 ノック

野球ノックの方法



野球ノックキャッチャーフライのやり方

野球ノックキャッチャーフライのやり方


キャッチャーフライの練習をする際は、
うまい人のバットコントロールを目で見る。

両手でバットを握る際に、
右手、左手の握力の加減がどのくらいの比率で行うのか。

打つボールの高さがどの位置なのかを、
試行錯誤を繰り返しながら
実際にバットで何度も何度も打つ続けること。

大きなフライから、とれそうで取れないような小さなフライまで強弱をつけて打つこと。
その力加減を調整していた工夫とは、2つの秘訣があります。

一つ目は打つ時のボールの高さです。
腰の高さでボールを打つということは、
それは実際にピッチャーからの投球に対しての打撃です。

実は、キャッチャーフライは腰で打つのではなく、
目の高さよりちょっとボールを投げて下からすくい上げるのが正解です。

2つ目は、肘の使い方です。

たとえば右利きでバットを握る際、
バットの柄に近い手、つまり左手の肘の部分をうまく使うことが大切です。

俗に手打ちなんて言われる、
よく初心者がやるような腰でバットを振らない打ち方、
あのイメージです。手打ちという打ち方です。

具体的には肘を起点として柔らかくバットを振ります。
ボールは目の高さより上に放り投げ、
すくい上げるようにしてボールの下腹の部分を打つ感覚です。

まとめると、目の高さより上にボールを放り投げ、
腰を振り切らず肘を起点として手打ちをすることを意識しながら打つことで、
キャッチャーフライを上手に打つことが可能です。


サイトトップへ

 

サイトマップ